保安院の西山審議官、不倫してる場合か!

d0237562_1258565.jpg

保安院の西山審議官、不倫してる場合か!

原子力安全・保安院の西山英彦審議官4 件(54)が、
「週刊新潮」で報道された経産省職員との“不倫疑惑”について、
海江田万里経産相から厳重注意を受けたことが23日、分かった。
同日の原子力安全委員会の会見で明かしたもので、西山氏は、
事実関係については「個人的なこと」として否定も肯定もせず、
「深く反省している。身を正して参りたい」と謝罪した。

予断を許さない福島第1原発に関する会見の場。
自身の不倫疑惑についての質問を受けた西山氏は、やや硬い表情で立ち上がった。
「一部の週刊誌に私の個人的なことに関する記事が掲載され、」
「海江田経済産業大臣から厳重な注意をいただきました。」
「記事によって、私が仕事に臨む姿勢について、」
「誤解などを与えたとしたら誠に申し訳ない」と淡々と述べた。

記事は23日発売の「週刊新潮」が報じたもので、
同誌によると、相手は経産省職員の20代独身女性。
原発事故の新工程表を発表した6月17日の会見後、2人は都内ホテルのバーで会い、
その後、深夜の路上で数度キスしたなどとされる。
また経産省関係者の話として、約1年前から「特別な関係」にあった、などと伝えている。

西山氏は不倫の事実関係について「個人的なことなのでコメントしません」とした。
しかし、否定はせずに
「記事が掲載されたこと自体、私の至らなさを示しており、深く反省しています。」
「反省の上に立ち、大臣の注意も踏まえ、」
「被災者、避難されている方々のことを考えながら、」
「事故収束、情報の提供に全力で当たりたいと思っております」と続け、頭を下げた。

将来の事務次官候補ともされる西山氏は、妻との間に1男1女がいる。
原発事故後、原子力安全・保安院の広報官が次々と代わる中で、3代目スポークスマンに抜てき。
ニュースなどでの露出が増え、一躍、時の人となった。
収束が見えない原発問題では報道陣からの厳しい質問にも、
常に冷静な表情を崩さず対応してきたが、
経産相からのおしかりも受けた今回ばかりは対応に苦慮している様子。
関係者によると、今後も広報担当は続ける予定という。

◆「週刊新潮」(23日発売)の記事内容 

西山氏が20代の経産省職員と男女の関係になったのは1年ほど前からで、
職場の人間関係で悩む相手の相談に乗ったことがきっかけだったという。
デートはほとんど霞が関周辺。
バーからカラオケ店に行くのが定番コースで、
カラオケ店のVIPルームをラブホテル代わりに使っていたなどとする。
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-06-23 12:56 | 出来事