テレビドラマ界のジャニーズ離れが止まらない!?

d0237562_1121114.jpg

ついに主演ドラマがゼロに!
テレビドラマ界のジャニーズ離れが止まらない!?

7月に入りテレビ各局の連続ドラマがスタートしたが、
なんと、ジャニーズ事務所所属タレントの
主演ドラマが0本という異常事態になっている。

『全開ガール』にNEWSの錦戸亮、
『ブルドクター』にSMAPの稲垣吾郎、
そのほか脇役での出演はありますが、
ジャニーズタレントによる今クールの主役はゼロ。

前クールの3月期ドラマでは
SMAP香取慎吾主演の『幸せになろうよ』、
錦戸主演の『犬を飼うということ』、
TOKIO松岡昌宏主演の『高校生レストラン』と
ジャニーズの主演ドラマが3本あったが、
いずれも視聴率が振るわず。

香取のドラマは、
月9史上2作目となる視聴率1ケタを記録し、平均11.7%
錦戸の犬ドラマは、
子役が当初は天才・芦田愛菜の予定だったが、
『マルモのおきて』と両天秤をかけられてドタキャンされ平均8.5%
芦田がもしテレ朝に出ていたら、
大ブレークすることはなかっただろう。
松岡のドラマは実話をもとにした作品だが、
内容が地味すぎ、終盤は1ケタに落ち込み平均10.7%だった。

どうやら、テレビ各局はこれまでのジャニーズ依存から
ジャニーズ離れに向かってシフトチェンジしているようだが、
転機となったのは昨年7月期のドラマだったという。

通常、ドラマのキャストスケジュールは1年ほど前に押さえているから、
今年の7月のドラマのキャストは昨年の秋ごろまでに決まっていたはず。
反映されたのが昨年7月スタートのドラマの結果です。
ジャニーズタレントの主演ドラマは嵐の松本潤主演の
『夏の恋は虹色に輝く』、
TOKIOの長瀬智也主演『うぬぼれ刑事』、
少年隊の東山紀之主演の『GM 踊れドクター』の3本。

SMAPの主演ドラマがなかったとはいえ、
嵐・TOKIO・少年隊とジャニーズの主力が
そろい踏みで注目度が高かった。
ところが、嵐人気が絶頂にもかかわらず、
松本のドラマは平均12.3%。
長瀬のドラマは宮藤官九郎の脚本で期待されたが、
初回以外1ケタで平均8.0%。
東山は当時、女優の木村佳乃との結婚が注目されていたが
後半は1ケタ連発で平均10.0%と低迷。

この結果を受けて各局は
『もうジャニーズだけで視聴率は取れない』と認識したようです。
もともと、ジャニーズのドラマは数字が悪いと、
制作側が事務所から猛烈に責められるので、
何かと面倒だったから、
主役でなくて重要な役どころを与えておくのが
無難という判断になったようです。

10月からはTBS開局60周年記念ドラマとして
キムタク主演の『南極大陸』が放送されるが、
「早くも視聴率30%超えが目標として掲げられている。
だが、キムタク以外の主演ドラマの進行話は聞こえてこない。

というだけに、
将来的にジャニーズで主演を張れるのは
キムタクだけになりそうだ。

[PR]

by yamiyontetsu | 2011-07-20 11:04 | 芸能