中国 製麺工場 麺に「しこしこ」感をプラスするためガラス原料のホウ砂混ぜる

d0237562_1323288.jpg

中国 製麺工場 麺に「しこしこ」感をプラスするためガラス原料のホウ砂混ぜる

広東省韶関市始興県警察は24日、
地元警察と質量監督部門が合同で調査した結果、
ガラス原料や陶器のうわぐすりなどに用いられることで知られるホウ砂を
添加物として使用した製麺工場2カ所を検挙したと発表した。

捜索により違法添加物含有製品163キログラムと
ホウ砂24.55キログラム、容疑者2人を逮捕した。

中国新聞網が伝えた。
容疑者らは麺のコシを増加し、歯ざわりや麺の保水性、保存度などを改善するため、
違法にホウ砂を食品に添加したと見られている。

通常は成人で1回のホウ砂摂取量が1-3グラムで中毒になるため、
ホウ砂は食品添加物としての使用を禁止されている。
 
容疑者2人は有毒有害食品生産・販売の容疑で現在始興警察に刑事拘留されている。
調べによると、は2011年2月から製麺工程で100対0.02の割合で小麦粉中にホウ砂を添加し、
ホウ砂入り麺は500キログラムを販売。
陳容疑者は2011年3月から100対0.6の割合で添加し、
600キログラムを製造販売した疑い。
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-08-30 13:02 | 恐ろ中国