紳助さんウソつき!“マル暴”写真あった…3月から沖縄トンズラ計画

d0237562_1032633.jpg

紳助さんウソつき!“マル暴”写真あった…3月から沖縄トンズラ計画

「そんなものあるわけない。あれば腹を切る!」

引退会見で、暴力団関係者との手紙や写真の存在を問われ、
そう息巻いていた元タレント、島田紳助さん。
だが、動かぬ証拠である写真が、きょう9日発売の写真週刊誌FRIDAYに掲載されている。
“小心者”で知られる紳助さん。
実は、こうなる事態を想定していたかのように、“沖縄移転計画”を今年3月から始めていたようだ。

掲載されたのは、指定暴力団山口組ナンバー4といわれる
極心連合会・橋本弘文会長と同席した写真。
ワイングラスなどが置かれた宴席だ。

会見では、「Aさん、Bさん」と名が伏せられていたが、
友人の元プロボクシング世界王者、渡辺二郎被告を通じて、
紹介されたのが橋本会長で、同誌によると、写真は5~6年前のものだという。

両者が微笑む写真からは、親密さが漂う。会見で「この程度」と言った仲ではないのは明白だ。

“黒いメール”だけでなく、こうした暴力団関係者との交際が、
いずれ発覚すると予見したのか、紳助は今年に入って沖縄である物件を借りていた。

「繁華街の那覇と、現在、隠遁生活を送っている
マンションのある恩納村の中間にある北谷(ちゃたん)で、
3月からギャラリーを借りているのです」(地元不動産業者)

米軍キャンプに近い北谷はビーチ沿いに若者向けのショッピングゾーンが広がり、
エキゾチックな行楽スポットだ。
商売をやるには最適だが、「行列ができる」ショップを作るでもなく、
半年の間に5~6回通っていたという。

「自身が趣味に使うカヤックやキックボード、
ゴルフ道具などを保管していたようです。
家族と来られたこともあります。
海鮮料理のうまい店のマスターとは親友で、
福島から来ていた観光客に
『お前の家、大丈夫やったか?』と声をかける姿も見られました」(地元ショップ店員)

すっかり、地元に溶け込んでいたという紳助さん。
引退会見で見せた強がりとは裏腹に、沖縄への移住を早くから覚悟していたのか。

d0237562_1035542.jpg

[PR]

by yamiyontetsu | 2011-09-11 10:04 | 芸能