F1カナダGP決勝 小林可夢偉7位

d0237562_11172188.jpg


F1カナダGPの決勝レースが12日(日)、
モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。


日曜日のモントリオールは雨。
今季初のウェットコンディションでのレースとなり、
セーフティカー先導でのスタートとなった。

4周目にセーフティカーが引っ込みレースは再スタートとなったが、
8周目にルイス・ハミルトンと ジェンソン・バトンが接触して再びセーフティカー。

中盤に雨が強くなったことで再びセーフティカーが導入され、
25周目に赤旗中断となった。

その後、2時間の中断を経てセーフティカー先導で再開。
だが、その後もセーフティカーや クラッシュが続出する荒れたレース展開となった。


優勝:バトン(マクラーレン)
2位:ベッテル(レッドブル)
3位:ウェーバー(レッドブル)
4位:シューマッハ(メルセデス)
5位:ペトロフ(ルノー)
6位:マッサ(フェラーリ)
7位:小林可夢偉(ザウバー)
8位:アルグエルスアリ(トロロッソ)
9位:バリチェロ(ウィリアムズ)
10位:ブエミ(トロロッソ)
完走:18台


小林可夢偉は、
一時は2番手を走る活躍をみせたが、徐々に順位を落とし、
最後はフィニッシュライン直前でフェリペ・マッサに抜かれ7位でフィニッシュした。

ウェットコンディションでレースが続けられれば、上位入賞も期待できましたが、
ドライになってしまえばザウバーのマシンでどうしようもないでしょうね。

d0237562_11182834.jpg
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-06-13 11:15 | 可夢偉応援隊

F1 マレーシアGP決勝の結果

d0237562_13434144.jpg

F1 マレーシアGP決勝の結果
2011年04月10日(日)

2011年F1第2戦マレーシアGPが4月10日(日)、
セパン・インターナショナル・サーキット(1周/5.543km)で3日目を迎え、
現地時間16時(日本時間17時)から決勝が行われ、
セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が開幕からの2連勝を果たした。

スタートでは、ポールポジションからスタートした
セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップの座を守る中、
後続では大きく順位が入れ替わる場面も。
上位勢が2回目のピットストップを終えた段階ではベッテルがトップ。
2番手ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、
3番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)という状態に。

マーク・ウェバー(レッドブル)が4回のタイヤ交換を行う中、
上位勢のほとんどは3回のタイヤ交換。
ベッテルが2戦連続でポールポジションから優勝を果たすこととなった。
2位はマクラーレンのジェンソン・バトン。

レース終盤にハミルトンとフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が接触したこともあり、
スタートで大きく順位を上げたニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)が3位表彰台を獲得している。
コース上で数々のバトルを見せた小林可夢偉(ザウバー)は、8位入賞を果たし、ポイントを獲得した。

4位から10位までの結果は次のとおり。

4位マーク・ウェバー(レッドブル)、
5位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、
6位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、
7位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、
8位小林可夢偉(ザウバー)、
9位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、
10位ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)。

2011年F1、次の舞台は中国。
マレーシアでの戦いを終えたF1サーカスは、
休む間もなく2週連続開催となる中国GPの舞台、
上海へ向かう。2011年F1第3戦中国GPは、
15日(金)現地時間10時(日本時間11時)に開幕。
決勝は、17日(日)現地時間15時(日本時間16時)にスタートする。
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-04-11 13:41 | 可夢偉応援隊

F1 オーストラリアGP決勝の結果

d0237562_13463536.jpg

F1 オーストラリアGP決勝の結果
2011年03月27日(日)

2011年F1開幕戦オーストラリアGPが3月27日(日)、
アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km)で3日目を迎え、
現地時間17時(日本時間15時)から決勝が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が優勝した。

ポールポジションのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が順調にスタートする中、
2番手スタートのルイス・ハミルトン(マクラーレン)がやや出遅れ、
3番手マーク・ウェバー(レッドブル)が並びかける。
ここではハミルトンが2番手を死守したが、
その後方ではスタートで遅れたフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)に
小林可夢偉(ザウバー)が襲い掛かった。

スタート直後から可夢偉とアロンソは横並びの状態でバトルを続け、可夢偉がアロンソの前に。
しかし、アロンソは2周目に可夢偉を抜き返す。
その後、ほとんどのクルマは14周前後で1回目のピットイン。
多くのドライバーが2ストップを選択したのに対し、アロンソとウェバーは3ストップを選択した。

トップのベッテルは終始安定した走りでポールポジションから優勝。
昨年にF1の史上最年少王者となったベッテルが、
ドライバーズ選手権2連覇に向けた第一歩を踏み出した。

3番手スタートのウェバーが5位に後退したものの、
5番手スタートのアロンソは1つ順位を上げて4位になった。
また、セルジオ・ペレス(ザウバー)は不可能とも言われていた1ストップを成功させ、
13番手スタートから7位入賞。チームメートの可夢偉も8位に入り、
ザウバー勢は2台そろってポイントを獲得した。
また、ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)が堅実な走りで3位に入り、
自身初となる表彰台を獲得している。

2位から10位までの結果は次のとおり。

2位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、
3位ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)、
4位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、
5位マーク・ウェバー(レッドブル)、
6位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、
7位セルジオ・ペレス(ザウバー)、
8位小林可夢偉(ザウバー)、
9位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、
10位セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)。

このレースのファステストラップは、
フェリペ・マッサ(フェラーリ)が55周目に記録した1分28秒947だった。

ついに開幕した2011年F1。
第2戦は、しゃく熱のマレーシアで行われる。
2011年F1第2戦マレーシアGPは、4月8日(金)現地時間10時(日本時間11時)に開幕。
決勝は4月10日(日)現地時間16時(日本時間17時)にスタートする。
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-03-28 13:45 | 可夢偉応援隊

反政府デモの影響でF1バーレーンGPが中止

d0237562_21304789.jpg

反政府デモの影響でF1バーレーンGPが中止

2011年のF1開幕戦に予定されていたバーレーンGPの主催者が、レースの中止を発表した。
バーレーンでは、反政府デモが激化し、治安部隊と衝突。
今も騒乱状態が続いている。
3月3日(木)からは、バーレーンで合同テストが予定されていたが、
チーム側が21日(月)にテストの中止を決断し、レースの中止決定も時間の問題だとみられていた。

そして、バーレーンGP主催者がついにレースの中止を決断。
国内情勢の正常化にもあたっているサルマン皇太子の、
次のようなコメントが『Autosport(オートスポーツ)』に掲載されている。

「国家の問題に集中することが、この国にとって重要なことだと判断した」
3月13日(日)に決勝が予定されていたバーレーンGPが中止になったことで、
2011年のF1は3月27日(日)に決勝が行われるオーストラリアGPで開幕することになる。
[PR]

by yamiyontetsu | 2011-02-12 21:25 | 可夢偉応援隊

尼崎市はF1ドライバー小林可夢偉選手を応援します!

d0237562_1225046.jpg

2010年12月21日、
尼崎市出身のF1ドライバーである小林可夢偉選手が
尼崎市役所を表敬訪問されました。

F1ドライバーとしての活躍を通じて、
子ども達に夢を与えたいとの思いで活動されている
小林選手の表敬訪問は今回で2度目になります。

稲村市長との対談の中で、
小林選手は次のようなお話をされました。


僕は、子どもは一番チャンスがある時期であり、
その時期に色々なことをやらせてあげる環境が必要であると考えています。
今まで夢を持つことの大切さを子ども達に伝えてきましたが、
子どもの親に伝えることも大切で、
どれだけ親が子どものためにチャンスを作ってあげられるかが大事だと思います。

テレビでレースを見るのではなく、
現場で見てこそ本来の良さや迫力を肌で感じることができるので、
ぜひサーキットに見に来て欲しい。

来年の日本GPは10月9日です。
来年は尼崎の子ども達を鈴鹿サーキットに連れて行きたい。
絶対面白いと思います。

と語られました。
[PR]

by yamiyontetsu | 2010-12-22 12:00 | 可夢偉応援隊

尼崎市はF1ドライバー小林可夢偉選手を応援します!

d0237562_1251912.jpg

2010年8月10日、
尼崎市出身のF1ドライバーである小林可夢偉選手が
白井尼崎市長を表敬訪問されました。


小林可夢偉選手は、
世界最高峰のモータースポーツのひとつである、
F1世界選手権シリーズにフル参戦中で、
今シーズンからBMWザウバーF1チームのドライバーとして活躍されています。
皆さんもぜひ小林可夢偉選手の活躍にご注目ください。


d0237562_1255776.jpg

小林可夢偉選手が三和本通商店街に凱旋!

三和本通商店街は
小林可夢偉選手が幼少から通い慣れた商店街であることから、
市長表敬の後、白井市長とともに訪問されました。
商店街関係者による「小林選手お帰りなさい」の一斉挨拶とともに、
クラッカーが鳴らされ一帯は歓迎ムードに包まれました。

引き続き、
小林選手の母校である中央中学校(当時は明倫中学校)の
ブラスバンド部の演奏の中、
白井市長とともにアーケード内を多くのファン達を引き連れパレードしました。
道中、小林選手の母校である竹谷小学校の児童より花束が贈られ、
小林選手自らがプレゼンター役の児童を写真撮影するという一幕もありました。


d0237562_1262451.jpg


最後に、同商店街の南部に位置するメイドインアマガサキショップに
併設された期間限定の特設F1パネル展示コーナー前に到着し、
地元の人から想いの詰まった応援メッセージ入りの大きな国旗に
小林選手と白井市長がサインを書かれました。

また、「おかえり可夢偉!!」の垂れ幕が登場する「くす玉開き」が行われ、
商店街は熱気に包まれました。
[PR]

by yamiyontetsu | 2010-08-12 12:04 | 可夢偉応援隊

尼崎から世界へ! 小林可夢偉選手を応援します。

d0237562_1282427.jpg

尼崎から世界へ! 小林可夢偉選手を応援します。


ドライバー 可夢偉のプロフィール

1986年9月13日生まれ、
おとめ座、AB型。
身長170cm、体重63kg。

兵庫県尼崎市出身、実家はご存知お寿司屋さん!
3人兄弟の次男で、お兄さんと妹さんがいます。



d0237562_1285241.jpg

ドライバー 可夢偉の歩み

2009年にトヨタで衝撃的なF1デビューを果たした小林可夢偉。
2010年も巧みなレース戦略や攻撃的な走りでF1ファンを魅了し、
2011年にはチームをリードしていく立場になった。

トヨタのドライバー育成プログラムに所属し、
2008-2009年シーズンのGP2アジアでは、
F1直下のカテゴリーで日本人初となるタイトル獲得を達成。
GP2メインシリーズでの活躍にも期待が高まった。
しかし、2009年のGP2メインシリーズでは苦戦が続いてしまう。
だが、可夢偉にとって大きな転機となるチャンスがシーズン終盤に舞い込んだ。

当時トヨタのF1チームでリザーブドライバーを務めていた可夢偉だが、
レギュラードライバーが負傷のため終盤の数戦を欠場。
代役として可夢偉が、最後の2戦に出場することとなった。
この2戦で可夢偉は、チャンピオンになったジェンソン・バトンを抜くなどの活躍を見せ、
最終戦でポイントを獲得するとともにF1関係者に強烈な印象を与えた。

トヨタは2009年限りでF1を撤退したものの、可夢偉はザウバーのシートを獲得。
クルマの信頼性や競争力に苦しめられ、序盤は厳しい戦いが続いたが、
シーズン中盤からは、うまくタイヤを使う戦略や積極的な追い抜きによって評価を高めた。
2011年もザウバーに残留するが、チームメートがルーキーということもあり、
可夢偉にはチームリーダーとしての役割も期待されている。
[PR]

by yamiyontetsu | 2010-06-01 12:07 | 可夢偉応援隊