尼崎から世界へ! 小林可夢偉選手を応援します。

d0237562_1282427.jpg

尼崎から世界へ! 小林可夢偉選手を応援します。


ドライバー 可夢偉のプロフィール

1986年9月13日生まれ、
おとめ座、AB型。
身長170cm、体重63kg。

兵庫県尼崎市出身、実家はご存知お寿司屋さん!
3人兄弟の次男で、お兄さんと妹さんがいます。



d0237562_1285241.jpg

ドライバー 可夢偉の歩み

2009年にトヨタで衝撃的なF1デビューを果たした小林可夢偉。
2010年も巧みなレース戦略や攻撃的な走りでF1ファンを魅了し、
2011年にはチームをリードしていく立場になった。

トヨタのドライバー育成プログラムに所属し、
2008-2009年シーズンのGP2アジアでは、
F1直下のカテゴリーで日本人初となるタイトル獲得を達成。
GP2メインシリーズでの活躍にも期待が高まった。
しかし、2009年のGP2メインシリーズでは苦戦が続いてしまう。
だが、可夢偉にとって大きな転機となるチャンスがシーズン終盤に舞い込んだ。

当時トヨタのF1チームでリザーブドライバーを務めていた可夢偉だが、
レギュラードライバーが負傷のため終盤の数戦を欠場。
代役として可夢偉が、最後の2戦に出場することとなった。
この2戦で可夢偉は、チャンピオンになったジェンソン・バトンを抜くなどの活躍を見せ、
最終戦でポイントを獲得するとともにF1関係者に強烈な印象を与えた。

トヨタは2009年限りでF1を撤退したものの、可夢偉はザウバーのシートを獲得。
クルマの信頼性や競争力に苦しめられ、序盤は厳しい戦いが続いたが、
シーズン中盤からは、うまくタイヤを使う戦略や積極的な追い抜きによって評価を高めた。
2011年もザウバーに残留するが、チームメートがルーキーということもあり、
可夢偉にはチームリーダーとしての役割も期待されている。
[PR]

by yamiyontetsu | 2010-06-01 12:07 | 可夢偉応援隊